電磁波対策

現在の人間の生活環境で電磁波をまったく浴びずに生活を送ることはかなり難しい事でしょう。この20年間で屋内配線は5倍から6倍に増えていて、例えば木造2階建ての住宅では以前は150メートルで済んでいた配線が、今では600メートル以上もの配線を使っています。
つまり屋内配線は、ブレーカーを落とさなければ常時電圧がかかった状態になっています。そして配線が重なっている箇所からはかなりの強い電場が発生しています。という事は人間は文明の進化と共に家庭内で使う電化製品の種類が増え、使う数も増えているという事になります。
また私達は20年前と比べてとても便利な生活を手に入れたものの、豊かな暮らしと引き換えに、目には見えない不要な副産物も得たと言えるでしょう。
電磁波から身体を守るための対策としては、まず第一に必要以上に電化製品を置かないことが挙げられます。
特に寝室にはできる限り電磁波を発する電化製品を置くことは避けるべきです。人間が眠っている時は通常時起きている時に比べて抵抗力が下がっています。また体の動きも限られていて電磁波を放つ電化製品の中で眠ることは、眠っている間の時間浴び続けている事になります。
ですから出来るだけ寝室には多くの電化製品の設置は避けるべきです。そうすることで一日に電磁波の浴びる量を減らすことに繋がっていきます。つまり電磁波を多く放つ電化製品から距離を置くことで電磁波からの影響を軽減することに繋がります。
電磁波対策商品を選ぶ際は、公的に医療機器認定を受けているものがおすすめです。
美波動 Bhado)))という名称のグッズがそうですが、これは電磁波を防止するというよりも、電磁波の波長を変えてしまって、人体有害な波を有益な波に替えてしまうことを目指したグッズです。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日:

電磁波被爆

電磁波被爆とは長時間電磁波を浴び続けることによって起こる症状、状態をいいます。
現在の生活環境にはどこへいってもあるのが電磁波で、現代人は皆、大なり小なり電磁波を浴びながら生活を送っているのが現状です。特に日本は他の国と比べ、あまり電磁波と言う言葉自体を深く考える習慣もありません。
その癖、技術大国日本と言われるだけあって生活環境をより便利に、心地よくするためのありとあらゆる電化製品が開発され、その新機能を搭載した電化製品の中で生活を送っています。
そのせいか日本人に多くみられる症状として肩こり、目の疲れ、精神的ストレス、睡眠障害、偏頭痛、疲れなど、これらの症状で悩みながら生活を送っている方も少なくありません。

そういった症状の人が全部電磁波被爆とは言えませんが、全く関係ないとも言い切れません。特に子供は大人に比べて抵抗力も弱い為、電磁波を常に浴びながら送る生活環境では白血病の発症率も2倍以上という国立環境研究所などによる日本初の疫学調査結果から出ています。
またWHO(世界保健機関)も電磁波が小児白血病の発症を倍増させると言う結果を発表しています。ということは現代社会に生きる人は何時電磁波被爆してもおかしくないという事です。人体にいつもと違う異変を感じ、症状がひどい場合は是非一度、病院での検査をお勧めします。
また最近では電磁波被爆を避けるためのグッズや下着なども売られています。そういったもので電磁波から体を守る習慣をつけることも大切なことでしょう。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日:

妊婦への影響

妊娠中の女性にとって元気な赤ちゃんを産むための知識と習慣は必要不可欠と言えるでしょう。
そう言った知識をもとに今までの生活習慣を改め、食べ物や生活環境も今まで以上に気をつかったりしながら無事に赤ちゃんが生まれるように備えます。
ですがどうやっても避けて通れないのが、今の生活環境に溢れ出ている電磁波です。
毎日個人差はあるにしろ浴び続けている事は間違いのない事実で、妊婦のお腹の中にいる赤ん坊も既に生まれてくる前から幾らかは浴びています。そんなお腹の中の赤ちゃんに電磁波はどういった影響を及ぼすのか、妊娠した女性たちにとっては一番気になると事でしょう。
ですが現実はまだ研究段階で確実な事は判っていないのが現状です。ただ事実としてあるのは電磁波のみならず、胎児が環境リスクに、とてもセンシティブである事と、既に生まれた子供や大人と比べると放射線や化学物質、電磁波に影響を受けやすいと言うのは確実です。
環境研究所の疫学調査では小児白血病の原因として、妊娠中の女性が電磁波を浴びたことが関係している事をあげていますが、疫学調査や動物実験で妊婦と関係する電磁波の影響データが上がっています。
サンフランシスコにすむ妊娠中の女性に対してアメリカの研究機関が行った研究では、日常的に最大16ミリガウスの電磁波を浴びていた、10週目未満である妊婦の流産リスクが5.7倍となるといった結果が出ており、
このことからみても電磁波は間違いなく妊娠中のお腹の中の胎児に影響があると言えるでしょう。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: