電磁波が体に及ぼす影響

電磁波が与える人体への影響は世界各国で注目を集めています。日本での取り組みは行われてはいますが大きな課題とされています。欧米ではいち早く人体への影響を考え、電磁波防御基準の法制化がされて電磁波を測定する規格化が進められています。
しかし未だに研究途中であり確定される評価は上がっていません。それでも無視できない一貫性のある事実が報告されていて、一般的に人体に電磁波を浴び続けると有害であるとされているのが現状です。
世界各国では多くの国で疫学的研究が行われていて、スウェーデンの研究所で行われた大規模な疫学調査の結果では低レベルであっても電磁波にさらされる環境での生活を送ることにより、癌や小児白血病の発生率が増える可能性が指摘され、世界で大きな話題となりました。
私達の身の回りの環境においては、高圧送電線や変電所などから生まれる電磁波による影響は大きく、近くにお住まいの方は常に電磁波を浴び続けていることになります。
なお、高圧送電線や変電所から離れれば離れるほど電磁波も弱くなるので、その分体への影響も弱まると考えていいでしょう。また家庭内で使う家電製品に関しても同じ事が言えます。
テレビのブラウン管やパソコン画面からも電磁波が発生していて、場合によっては高圧送電線よりも強い電磁波が出ている事もあります。ですから家庭でお使いの電化製品に対しても、なんらかの対策を講じて十分に注意することが必要だといえます。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: