電磁波過敏症

電磁波過敏症とは、電磁波が原因と考えられる症状を指します。世界で初めてアメリカの医学者であるウィリアム・レイ博士が電磁波による症状に注目し、総称して「電磁波過敏症」と名付けたのです。
電磁波過敏症はある程度の電磁波を浴びると身体が敏感に反応してしまう病気で、症状は人によって異なり、非特定症状を持つのが特徴です。
電磁波過敏症の症状は現実にあり、患者によっては日常生活に支障が出てしまうほどの問題となる事があります。
症状としては皮膚がチクチクとした感覚、灼熱感、発赤、ヒリヒリした痛み、頭痛、精神的ストレス、睡眠障害、吐き気、めまい動悸、消化器の障害、他にも数多くあり、症状の多くは、まず目に現れてきます。
一定量の電磁波を浴びると視界が悪くなったり、目が痛くなったりもします。その後、皮膚に異常が生じたり、頭痛がしたり、ひどい時は呼吸困難や手足が麻痺などの症状に悩まされる事になります。
しかし世界各国でこの様な症状に悩まされる方が多くみられるのは事実なのですが、「電磁波過敏症」は、国際的にも疾病として認められていません。

電磁波による影響を受けやすい時間帯は眠っている時が最も強いと言われています。理由は、人が眠っている時は起きている時よりも抵抗力が下がっていることによります。その為家電製品が多く置かれた寝室で眠っている際、ほとんど動くことなく電磁波を受け続けている事になります。
ですから寝室内の環境には十分に気を配ることが必要でしょう。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: