電磁波被爆

電磁波被爆とは長時間電磁波を浴び続けることによって起こる症状、状態をいいます。
現在の生活環境にはどこへいってもあるのが電磁波で、現代人は皆、大なり小なり電磁波を浴びながら生活を送っているのが現状です。特に日本は他の国と比べ、あまり電磁波と言う言葉自体を深く考える習慣もありません。
その癖、技術大国日本と言われるだけあって生活環境をより便利に、心地よくするためのありとあらゆる電化製品が開発され、その新機能を搭載した電化製品の中で生活を送っています。
そのせいか日本人に多くみられる症状として肩こり、目の疲れ、精神的ストレス、睡眠障害、偏頭痛、疲れなど、これらの症状で悩みながら生活を送っている方も少なくありません。

そういった症状の人が全部電磁波被爆とは言えませんが、全く関係ないとも言い切れません。特に子供は大人に比べて抵抗力も弱い為、電磁波を常に浴びながら送る生活環境では白血病の発症率も2倍以上という国立環境研究所などによる日本初の疫学調査結果から出ています。
またWHO(世界保健機関)も電磁波が小児白血病の発症を倍増させると言う結果を発表しています。ということは現代社会に生きる人は何時電磁波被爆してもおかしくないという事です。人体にいつもと違う異変を感じ、症状がひどい場合は是非一度、病院での検査をお勧めします。
また最近では電磁波被爆を避けるためのグッズや下着なども売られています。そういったもので電磁波から体を守る習慣をつけることも大切なことでしょう。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: