妊婦への影響

妊娠中の女性にとって元気な赤ちゃんを産むための知識と習慣は必要不可欠と言えるでしょう。
そう言った知識をもとに今までの生活習慣を改め、食べ物や生活環境も今まで以上に気をつかったりしながら無事に赤ちゃんが生まれるように備えます。
ですがどうやっても避けて通れないのが、今の生活環境に溢れ出ている電磁波です。
毎日個人差はあるにしろ浴び続けている事は間違いのない事実で、妊婦のお腹の中にいる赤ん坊も既に生まれてくる前から幾らかは浴びています。そんなお腹の中の赤ちゃんに電磁波はどういった影響を及ぼすのか、妊娠した女性たちにとっては一番気になると事でしょう。
ですが現実はまだ研究段階で確実な事は判っていないのが現状です。ただ事実としてあるのは電磁波のみならず、胎児が環境リスクに、とてもセンシティブである事と、既に生まれた子供や大人と比べると放射線や化学物質、電磁波に影響を受けやすいと言うのは確実です。
環境研究所の疫学調査では小児白血病の原因として、妊娠中の女性が電磁波を浴びたことが関係している事をあげていますが、疫学調査や動物実験で妊婦と関係する電磁波の影響データが上がっています。
サンフランシスコにすむ妊娠中の女性に対してアメリカの研究機関が行った研究では、日常的に最大16ミリガウスの電磁波を浴びていた、10週目未満である妊婦の流産リスクが5.7倍となるといった結果が出ており、
このことからみても電磁波は間違いなく妊娠中のお腹の中の胎児に影響があると言えるでしょう。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: