電磁波をカットする

電化製品のコンセントをさした時点でスイッチの部分までは電圧がかかっていて「電場」が発生しています。電場は電圧がかかると必ず発生します。またスイッチを入れ稼働させると電線に電流が流れ今度は「磁場」が発生します。電磁波は空間を行き交う電磁気のことで、交流の電気が流れるところには必ず存在するものです。
便利な電化製品から発生し空間を行き来する電磁波は「極低周波電磁波」といわれていて周波数帯(5HZ~2KHZ)の大きさものです。これらの状況を回避するために最近では色々なグッズが販売されるようになりましたが、
まずすぐに出来ることは、使っていない電化製品のコンセントを抜く事です。そうすることで配線に流れていた電流がカットされ電磁波を放たなくなります。ですが家の中には約600メートルの電線が備え付けられています。完全に家の中の電圧をカットするにはブレーカーを落とすしか手はありません。
しかしそれは今の便利な生活に慣れた人類にとってはとても難しいことになるでしょう。ですから今の生活を送りながら電磁波と上手く付き合い、大きな影響を避けるためには、必要最低限の電化製品しか使わない、また使っていない電化製品のコンセントは抜いておく、これは省エネ対策にもなり一石二鳥です。
このようにして家の中を流れる電流の量を減らしていくことが電磁波をカットしていくことに繋がっていくのです。くれぐれもたこ足配線状態にならない様にしてください。
電磁波対策グッズを選ぶ際は公的な医療機器の認定 を受けているものがおすすめです。
美波動 Bhado)))という名称のグッズがそうですが、これは電磁波を防止するというよりも、電磁波の波長を変えてしまって、人体有害な波を有益な波に替えてしまうことを目指したグッズです。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: