こたつ

現在の社会では電磁波は共存していかなくてはならないものです。家の中にあるほとんどの電化製品から電磁波は発生しています。その電磁波を危険といい、すべての電磁波を断ち切ろうとすれば無人島へ行って電気のない生活を送るよりほかありません。
電磁波が赤ちゃんに影響を及ぼすと勝手に思い悩み、妊娠初期にこたつに入ってしまい悩み続ける妊婦さんがいるそうで、産婦人科の先生も驚いてしまうほどの神経質さだそうです。
電磁波の影響を心配するあまり、一切電化製品を使わずに体が冷えても我慢し続ける人が増えているそうです。尚こたつによる人体への影響がもしも有るとするならば何十年もの間日本人は誰もそのことに気が付かず影響を受け続けてきたことになります。

電磁波が人体に及ぼす影響についての研究はヨーロッパでは進んでいるのですが、日本ではそれほど進んでいない事もあり、携帯電話や電子レンジ、パソコンについての電磁波からの影響が指摘されますが、日本独自のこたつだけは注目されずにいただけと言う考えをする人が多いようです。
確かに家で使う電化製品の中でもこたつの電磁波を実際に測ってみるとかなりの電磁波が計測されるそうで、それを理由に長時間の使用には問題があると言われたりもしています。
こたつから電磁波は出ている事は確かですが、それが必ずしも人体への影響があると言う研究結果があるわけではなく、また恐れるほどではないという考えを持つ人も多いようです。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: