電気毛布,敷毛布

電磁波とは電気と磁気が混ざり合うことで起こり、その強さによっては私達の体に影響があると言われています。
色々な見解があるのではっきりとしたことは言えませんが、常に持ち歩いている携帯電話やスマートホンからも微量の電磁波は発生しています。
また冬になるとよく使われる電気毛布も同じように電磁波を発生させているのですが、電気毛布やホットカーペット、電気敷毛布などはどれも、かなり強い電磁波を発生させる電化製品なのです。
しかもどの商品も睡眠中に使うことが大半で人体にも大きな影響を与えていると言われています。それは人間が眠っている時の抵抗力は起きている時よりも抵抗力が落ちるからです。
電気毛布を使って一日7時間睡眠をとったとすれば、その間ずっと電磁波を浴びながら眠っている事になります。正確にいえば電気毛布が発する電磁波は100MGと言われています。
他の製品と比較してみるとこたつが100MG、テレビ20MG、エアコン20MG、ステレオ20MGというように電化製品にもこれほどの差があるのが見て取れます。
100MGというのはとても大きな数値で15歳未満の子供が電気毛布を使うのは危ないと言う専門家もいるほどです。これらのことから各メーカーは電磁波対策に乗り出しているのも事実です。
それは被覆内に二本の電熱線を収めて、それぞれ違う方向に電流を流しお互いに発生させる電磁波を打ち消し合わせるというもので、これにより無対策の製品と比べて99.7パーセントの電磁波削減を達成している製品も販売されるようになっています。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: