電磁波とは

電磁波とは電子レンジ、テレビ、冷蔵庫、ラジオなどの電化製品やOA機器などを使用する際に発生する電気と磁気の両方の性質を持つ波のことを言います。
電場や磁場が時間的、空間的に変化しながらおこす電気と磁気の両方の性質を持つ波の事で、電界と磁界がお互いに垂直方向に振動を繰り返しながら、空間や物質中に伝わっていく現象とその振動の力が働く範囲のことを言い、粒子的性質と波動的性質を電磁波と呼びます。電場とは電荷が分布する際に電気力が働く範囲のことで、磁場とは磁石の力が働いている場所、範囲を指します。

電磁波は一般的には周波数と言う言葉で表現されています。それは1秒間に発生する電磁波の波の数のことを言い、種類も幾つかに分かれます。また電子レンジ、携帯電話はマイクロ波と呼ばれている周波数の高い電波で、高圧電線などから発生している電波を低周波といい、電波とはテレビ、電子レンジ、ラジオ、パソコンなどがあり、携帯電話から発生している電磁波もその中の一つです。赤外線、可視光線(人の目に見える光)、紫外線、強いものではX線やガンマ線に代表される電離放射線などがあります。これらの電化製品や医療機械などから発生する周波数の波の事を電磁波と言い、更に分かりやすく説明すれば、現在、私達の生活環境の中で必要不可欠となった電気を動力として動いているものから常に発生している周波の波、すなわちテレビ局やラジオ局、無線機などの通信機器、それ等から放たれているモノのことを言います。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日:

電磁波が体に及ぼす影響

電磁波が与える人体への影響は世界各国で注目を集めています。日本での取り組みは行われてはいますが大きな課題とされています。欧米ではいち早く人体への影響を考え、電磁波防御基準の法制化がされて電磁波を測定する規格化が進められています。
しかし未だに研究途中であり確定される評価は上がっていません。それでも無視できない一貫性のある事実が報告されていて、一般的に人体に電磁波を浴び続けると有害であるとされているのが現状です。
世界各国では多くの国で疫学的研究が行われていて、スウェーデンの研究所で行われた大規模な疫学調査の結果では低レベルであっても電磁波にさらされる環境での生活を送ることにより、癌や小児白血病の発生率が増える可能性が指摘され、世界で大きな話題となりました。
私達の身の回りの環境においては、高圧送電線や変電所などから生まれる電磁波による影響は大きく、近くにお住まいの方は常に電磁波を浴び続けていることになります。
なお、高圧送電線や変電所から離れれば離れるほど電磁波も弱くなるので、その分体への影響も弱まると考えていいでしょう。また家庭内で使う家電製品に関しても同じ事が言えます。
テレビのブラウン管やパソコン画面からも電磁波が発生していて、場合によっては高圧送電線よりも強い電磁波が出ている事もあります。ですから家庭でお使いの電化製品に対しても、なんらかの対策を講じて十分に注意することが必要だといえます。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日:

電磁波過敏症

電磁波過敏症とは、電磁波が原因と考えられる症状を指します。世界で初めてアメリカの医学者であるウィリアム・レイ博士が電磁波による症状に注目し、総称して「電磁波過敏症」と名付けたのです。
電磁波過敏症はある程度の電磁波を浴びると身体が敏感に反応してしまう病気で、症状は人によって異なり、非特定症状を持つのが特徴です。
電磁波過敏症の症状は現実にあり、患者によっては日常生活に支障が出てしまうほどの問題となる事があります。
症状としては皮膚がチクチクとした感覚、灼熱感、発赤、ヒリヒリした痛み、頭痛、精神的ストレス、睡眠障害、吐き気、めまい動悸、消化器の障害、他にも数多くあり、症状の多くは、まず目に現れてきます。
一定量の電磁波を浴びると視界が悪くなったり、目が痛くなったりもします。その後、皮膚に異常が生じたり、頭痛がしたり、ひどい時は呼吸困難や手足が麻痺などの症状に悩まされる事になります。
しかし世界各国でこの様な症状に悩まされる方が多くみられるのは事実なのですが、「電磁波過敏症」は、国際的にも疾病として認められていません。

電磁波による影響を受けやすい時間帯は眠っている時が最も強いと言われています。理由は、人が眠っている時は起きている時よりも抵抗力が下がっていることによります。その為家電製品が多く置かれた寝室で眠っている際、ほとんど動くことなく電磁波を受け続けている事になります。
ですから寝室内の環境には十分に気を配ることが必要でしょう。

電磁波対策商品 美波動Bhado)))について

投稿日: